誰もが実現可能な「商品の売り方」を研究する

公開日 : 2016-11-05 / 最終更新日 : 2023-11-07

誰もが実現可能な「商品の売り方」を研究する

みんなが幸せになれたらいいですよね。やっぱり、1人で幸せになったって寂しいだけです。 一体何を言い出すのかと思った方も、いらっしゃるでしょう。ここで思うのが、もし「低コスト」で「誰もが売れる」「商品やサービスの売り方」を […]

著者: 上山 翔太

みんなが幸せになれたらいいですよね。やっぱり、1人で幸せになったって寂しいだけです。

一体何を言い出すのかと思った方も、いらっしゃるでしょう。ここで思うのが、もし「低コスト」で「誰もが売れる」「商品やサービスの売り方」を誰かが発見すれば、たくさんの人を幸せにできるはずなのです。お金も稼げるし、経済にも貢献できる。

なので僕たちは「売り方の研究」をしています。特に重要なのは、実践すれば、誰でも「適度に」商品やらサービスを売れること。大切なのは「適度に」という所です。いきなり、大量に売れまくるわけではない。

「費用をかけず、どんどん商品が売れる12の法則! 」なんて言ってもいいのですが、どんどん売るとなるとハードルがあがる。実際にやって成功する人って何割?という話になってしまうでしょう。まずは、一歩目を確実に作り上げることが重要です。

世の中にはたくさん、サービスや商品の売り方ってあると思います。でも、それぞれ特殊な技術が必要だったり、なんだかんだ「いや、それ、長い月日と経験が必要ですよね」とか、実現するために、めちゃくちゃ長い階段を上がる必要があったりするわけです。

結果、色々スキル学習に手をつけても、なにも実現できなかったりする。そもそも、スキルとなると「売り方」といった汎用的なものとは違い、商品や分野が限られてることもありますよね。どんなスキルも、そこに「売り方の知識や知見」を取り入れられたら、鬼に金棒なのです。

もし、これを実践していけば、誰もが数ヶ月の間には何でも売れる作戦があったら。それこそ、世界が変わります。

誰もが最初の「売れた!」を体験できる

私たちは「誰もが自分で事業を持って活躍する社会の実現」をビジョンに掲げてます。でも、事業を持っても実際に商品が売れるかどうか、集客して人が来てくれるかどうかというのは、事業を立ち上げただけでなんとかなるものではありません。

それはそう。そんなにあまくないよ!って話ですよね。誰もこない、物も売れない。だから面白くなくなって、次第にやめてします。そんな時に壁を打破する圧倒的な方法があれば、どれだけの人がもっと事業づくりを面白く感じてもらえるだろう。

いやいや「ちょっと待って!」と。ひとまず、この通り実行してみてほしい、と。

人って、1つでも知らない人から商品を買ってもらえたら、それだけでしばらく頑張れるものです。何か売れたら急に世界が変わる。やめようかと思っていた気持ちも、一気に復活する。だからこそ、商品の売り方どころか実際に売れるまでを、誰でも出来る形に落としこみたい。

まず、最初に売上なく反応もないから諦める!という壁は、誰もが越えられるように。そうすれば、後はトライアンドエラーをする気力も起きてきます。

最初の売るって言う壁を越えられば、その後は応用編で拡散できる。自分で考えて、研究することも出来るようになる。商品の売り方は、第一歩めも大変ですけど、まだまだその先が長い!たかが、誰かが欲しいもの値段つけて売る、というだけの行為なのに、そこには無限の深みがあるのです。

シンプルなことが深い。シンプル イズ ディープ。

商品を売る方法はシンプル。でも「時代」を捉えるのが難しい。

誰かが欲しがっているものに、値段をつけて売る。ここに全ての基本があるんです。例えば、目の前で小腹がすいて困っている人がいたとします。 その困っている人に、おにぎりを握ってあげて、いくら代わりにもらうか、という話なのです。

これだけ聞くと、本当に「なんだそんなことか」っていうレベルですよね。そんな簡単なこと、自分でもできる。みんななんで売れないの?と思う方もいるかもしれませんね。ともかく、そうなんです。基本的には、そんなことかと思うくらいシンプルなんです。

では、なぜ、ここでみんな難しがっているんでしょう。なぜなら「今の時代は何を欲しがってるかわからない」からです。昔だったら、お腹がすいて、おにぎりが欲しい人もたくさんいたと思います。ところが今は、探しても探しても「 心の奥底から何か欲しがってる人がいない」のです。

「今何か欲しいものある?」と聞くと「うーん、彼女かな」といった具合です。なぜでしょうか。理由は簡単です。もう小腹が好いてる人がいないのです。その辺のコンビニに行って買ってくればいいのです。おにぎりを。物が溢れているから、心から欲しいものへの強い欲求がない。

ちなみに今の話は「彼女かな」と表現したところもポイントです。みなさん、物やサービスより「心」や「経験」「体験」を欲しがっているのです。

そしてもう1つのポイントが「まだ自分でも気づいていない欲求」を心の奥底に抱えているということ。

人間の欲求は案外、言語化するのが大変です。普通に想像できる便利さは、出尽くしており、すでに身の回りにあるのです。だから、これから何か新しい商品やサービスを作って売るときは、想像の範囲外にあるアイディアを引っ張ってくる必要がある。だから、大変なんですね。

その分「イノベーション」などと呼ばれて、面白い時代になったなぁ、と思うわけです。むしろ、ようやく人類はスタートラインに立ったんじゃないかなぁ、という気さえしてます。

データだけに頼り切ってもいけない。人間との関係性を大事に。

photo-1464305795204-6f5bbfc7fb81

今も昔も、商品やサービスの売り方って、心と心の距離が鍵になってきます。1度も会ったことの無い人の商品やサービスよりも、1度会って仲良くなった人の商品やサービスを買うのは当然ですよね。何も難しい話ではありません。人と人との距離感や、サービスとユーザーの距離感や関係性に、攻略のヒントが隠されています。

距離感の構築、関係性の作り方。ここにインターネットが入ってくることによって、より、多くの人たちと関係性を作り出せる時代になっています。でも、人はやたら無機質な形式通りの仕組み化ばかり行って、人間をデータとしてだけ見てしまう。だから、本質が良く見えてこないんです。

たしかにデータはなくてはなりませんし、データをきかっけに改善策を見つけ出していくのは確かです。けれど、データ!絶対!みたいな形ではないということです。本当に大切なのは、人間そのもの対して、どうやって接点を持っているか、その心を掴み取るかってことにあります。

データは商品やサービスを売るためのものです。とはいえ、売る相手は人間です。実際にどういうアプローチをするか、データで輪郭は見えても詳細までは語ってくれません。データを忘れてもダメですが、データだけでも攻略できないので、なかなか面白い時代になったなぁと思います。僕らが相手にしてるのは、友人の1人と変わらない人間なのです。

まとめ

ひとまず、これからも「みんなできる! 商品の売り方第一歩目」みたいな内容について、研究していければなぁと思います。研究に研究を重ね、誰もがある程度、商品を売れるようになったら。そのあとは個々で、さらにどうやって、もっと売ろうかと考えるようになると思うのです。

実際、自分で何かやろうとか、売ろうとか考えて始める方は、たくさんいらっしゃいます。でも、結局、ほとんど売れないから諦めてしまう。それがすごく残念でもあります。

もったいない! チャンスは目の前なのに!もうちょっと、もうちょっとだけ頑張ろう!そう言いたくなります。継続した先なら、必ずどこかで売れるきっかけは見えてきます。というより、基本的に、継続がなければ、売れ始めることもありません。

とにかくまずは、お客さんを迎え入れて商品を販売し、売れることを実感していただく。そこまでを誰もが出来るような仕組みを、作っていきたいと思います。日々、研究ですね。

ちなみに、研究の途中段階やらその成果やらも含めて、ブログを通じて随時、報告していきます。今からでも「商品の売り方」や「サービスの売り方」を知りたい!って方は、ぜひ定期的にチェックしてみてくださいね。

INFORMATION

私たちは、14年の実績を持つ、ウェブ制作チームです。事業とユーザーを理解し、本当の意味で「戦力になる」ホームページを作ります。

様々な事業開発に携わり、自らも連続的に事業を立ち上げる環境下で培われた事業デザインスキルと、高品質な技術をWEB制作に組み入れた独自手法で「求められるWEBサイト」をご提供。単純なWeb開発ではなく事業およびユーザー視点から、皆様のビジネスを手助けします。

CONTACT

ARTICLE FOR YOUR BUSINESS

事業の進化に役立つ情報を配信

ホームページで集客を自動化した、私たちの物語

誰でもできる!爆売れランディングページの作り方

なぜ、あなたのホームページでは、売上が上がらないのか

これは最低限! ウェブ担当者が知っておくべき技術の知識

ゼロから圧倒的成果を生み出す!ウェブマーケティングの基本

売上を倍増させる!最高のウェブ制作パートナーの見つけ方